ハワイアンキルトを中心にまわるメグの日々と仕事の日記

無地と手染め生地

bougain

先週カットしたブーゲンビリアは、
フィエスタ・コットンを使ったもの。
オフホワイトにブルーが爽やか。
いかにもハワイアンキルトらしくてトラディショナル。

ulutezome

対照的に手染めのグラデーション生地でカットしたウル。
同じものが決して染められない世界に一つ感が魅力。
コンテンポラリーならではの面白さ。

どちらもそれぞれに主張の違ったキルト。
今の私の好みは手染め寄り。
1枚の生地にいろんな色が混ざり合って
油彩画を描いているような感じになるところが好き。
その植物を見た時のその場の温度や風や光を
そのまま表現することができるから。

でも今度ベッドカバーを作るならきっと無地を選ぶんだろうな。
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
calendar
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
profile

メグ

Author:メグ
メグとハワイアンキルトな日々へようこそ!
ハワイアンキルトデザイナーと
グラフィックデザイナーの
二つの仕事をしています。
メグの仕事や日々思うことを綴っています。

showcase
web shop
メグのショップ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: