ハワイアンキルトを中心にまわるメグの日々と仕事の日記

村上隆の五百羅漢図展

160301_1

村上隆は1992年の作家デビューから良く知る作家だ。
その頃は白石正美氏のまだ小さなギャラリーで作品を飾っていた。
まだそんなに売れていなかったため「お金無いんで作品買って」
の一言に1点の小品を買ったのがとても懐かしい。
あれから二十数年経って今や現代美術の大作家だ。
村上隆を知らない方でも、DOBくんやゲロタンならご存知だろう。

一昨日、100mを越す超大作の五百羅漢図展を拝見してきた。
圧巻の現代絵巻にただただ感動と興奮。
マエダのちっぽけな作家魂に点火。
これはいつまでもぼけぼけしていちゃいけないでしょ。
何を今更なお勧めではありますが、
次の日曜日まで森美術館にて開催中。
(作品は写真撮っていいのよ)

28年前に購入したあの作品、何処にしまったのかとんと思い出せない。

160301_2

コメント
No title
こんにちは。
私も村上隆の五百羅漢図展を見てきました。作品のスケールが大きいだけでなく何層にも刷り重ねられた色彩感と密度。羅漢たち異形の霊獣たちは昔の五百羅漢的なものからアニメ的なイメージも入り交じり、膨大な視覚情報の嵐に圧倒されました。画結局何を描きたかったのかはわかりませんでしたが、巨大な画面から伝わってくるオーラに私の五感が共鳴してきて、画家の意図が分らなくてもアート鑑賞を楽しめる、まさに現代アートとはそんなものだと村上隆の作品を見て感じました。

画家の意図を理解するアートから五感で感ずるアートに変革した、美術史に巨大な足跡を残した巨匠画家についてレポートしてみました。現代絵画やアートを理解する上でご参考になると思いますので、ぜひ覗いてみてください。
2016/03/19(土) 14:49 | URL | dezire #eWBqsyK6[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
calendar
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
profile

メグ

Author:メグ
メグとハワイアンキルトな日々へようこそ!
ハワイアンキルトデザイナーと
グラフィックデザイナーの
二つの仕事をしています。
メグの仕事や日々思うことを綴っています。

showcase
web shop
メグのショップ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: