ハワイアンキルトを中心にまわるメグの日々と仕事の日記

小笠原でワークショップ



小笠原には生地も針も糸も売っていない。
針仕事したい人は何でもネット購入。
でもレッスンはできないでしょ。
今年は2航海で時間がとれたので、
島の皆さんとチクチクタイムを持ちました。
とは言っても時間内に終わるものしかできないので、
カンタンティッシュケースを作りました。
生地を5種類、アップリケやビーズ、刺繍糸を用意して、
お好きな組み合わせにしていただきました。
小学生の島っ子もご参加!可愛い。





全員完成しましたよ。
こんな小さな針仕事でも楽しんでいただけたようです。
またチクチクしましょうね。



お泊りケータ



小笠原諸島は写真のようにたくさんの島からできています。
父島の北、嫁島、媒島(なこうどじま)、婿島一帯を
ケータ列島と言うのですが、
このケータへお泊りクルーズに行って来ました。



なにせ無人島ですから灯りが無いので、
降るような星、天の川を期待して行きましたが、
満月の前日、月のあまりの明るさでそれは叶わず。
それでも東京23区よりははるかにたくさんの星。
途中で釣った魚を食べて、泳いで、
ボートの中で就寝。
なんとも初めてばかりの体験でした。
さて、北斗七星はみえますか?


祝 返還50周年





ダブルレインボーです。
海面から立ち上がり大きくて長い弧を描いています。
返還50周年を祝っているのね。
6月26日は小笠原返還50年のお祭りでした。
おが丸が出航した後なので、
島中の人たちが呑んで歌って、踊って食べて。
楽しい夜でした。

今日から1泊でケータへ行きます。
その様子は帰った後で。

母島に渡る



今回は初めて母島に渡ります。
父島から50km、母島丸で2時間。
人口500人ほどの島です。
いつもリリコイやトマトを送ってくださっている、
浜崎農園さんのご好意でハウスの中を見せていただきました。



リリコイは一本の苗から蔓を伸ばして実をつけます。
葉っぱの形も個性的。
栽培の方法やご苦労をお聞きして、
きっともっと美味しく感じることになるのでしょうね。





小笠原でもハワイアンキルト



今年も4点のキルトの展示をさせていただいています。



客室にもすべてマエダのキルトがあります。
製作は生徒さんたち。
私の部屋にはmaiちゃん担当のシェルジンジャー。
船が出たら、すべての部屋の撮影をさせていただきましょう。

父島到着



途中、八丈島に寄港して



24時間走るとそこは梅雨明け、真夏の父島。



ひたすら暑い!

出航



10:00、出航~!
行ってきますよ。

流行りはバナナリーフ


made by naomi

お教室には何故か流行りがあって、
ここ最近は「バナナリーフ」のタペの製作者さん多し。
こちらはモチーフ生地に葉っぱのプリントを使用。
そこがなんともいい効果が出てる。
見上げるとバナナリーフの隙間から青空。

夏日と梅雨寒とが交互に来るのですこぶるくたびれる。
ついでにバタバタと仕事を詰め込んだため、
出発前のアレが心配。(熱発)
ええ、明日から小笠原です。
12日、留守にします。

ワークショップ 〜モンステラの額装キルトをつくる〜

180619

夏のワークショップ第1弾のお知らせです。
二子玉川のコミュニティクラブたまがわに於いて、
7月・9月の2回にわたり、マエダのクラスが開講します。
チクチクするだけでなく、スライドショーで
ハワイアンキルトの歴史やデザイン・色合わせなどを学びながら、
写真の額装モンステラのキルトを作ります。
初心者の方もベテランの方も楽しんでいただけるワークです。
お申し込みはこちらから→『モンステラの額装キルトをつくる』

日時:7月26日(木)14:00〜16:00
   9月27日(木)14:00〜16:00 合計2回
場所:コミュニティクラブたまがわ
   東京都世田谷区玉川3-17-1

ホヌ泳ぐ


made by yaeco

バッグと言って侮るべからず。
作る苦労はベッドカバーとさえ同じ。
キルトをなさらない方は気楽に「作って欲しい」
とおっしゃるけれど、ハンドは大変なのだよ。
言うまでもない事ですが、
反対側もホヌいますよ。
大海に泳ぐホヌは、何処へ泳いでいくのかな。
贈られる方には大事にして欲しいね。

W杯始まり、予想を裏切る結果に改めて
サッカーってわからないものだと唸ってしまう。
もしかしたら日本にも明日、
思いがけない結果が出るかもしれないなぁ。
という淡い期待。

ドットバティック新色登場



マエダオリジナルのドットバティックに
新色が出ました。
アクア、ライムグリーン、ピンク。
発色が良くて、どれも使いやすい色合いです。
ドットバティックは土台にしても、
モチーフにしても、
裏布にしてもバインディングにしてもいい、
とにかく使いやすい生地。
キルトの幅が広がります。
今まで通り、マゼンタとネイビーも変わらぬ人気。
ご注文は、ミウミントアロハさんまで!

プルメリアのお揃いバッグ


made by keico

トートバッグはお嬢さんへ。
ころりんぱバッグはお孫さんへ。
プルメリアのお揃いバッグの出来上がり!
母娘2人でお出かけする様子が目に浮かびます。
想像しただけで、ニンマリしちゃう。

Tube Rose and Naupaka

fc2blog_20180522231217014.jpg
Tube Rose

先日、代官山のハワイアンイベントで販売しました、
チューベローズとナウパカのカットキットを、
現在、シェイズテキスタイルのネットショップで販売ちう。

fc2blog_201805222320445ba.jpg
Naupaka

どちらのパターンも土台生地はシェイズのフラフープを使用。
見逃した皆さん、今度こそお見逃しなく!
ここをクリック→『Shades Textiles』

Lokelani & White ginger


Lokelani


White ginger

昨日お知らせいたしましたカットキットですが、
掲載誌の写真が小さかったのと、
色味が変わっていましたので、
再度、写真をご確認ください。



手づくりライフプレミアム本誌は、
電話かサイトで注文できますよ。

ステイシー・ミッシェル v.s. マエダメグ

180605_1

先月の千本ノックが何だったのかもうお分かりですね。
昨日発売のキルトジャパン「メールショッピング」
にその答えがありますよ。

45cm プレカットキットを2種類作りました。
コーラルピンクのフラフープにマゼンタのロケラニ。
淡いブルー系スカイにブルーのホワイトジンジャー。
どちらもカット済みモチーフとバインディング用生地、
パターン、作り方説明書をセットしています。

180605_3 180605_4

そして、「手づくりライフプレミアム」にも
掲載されているようですので、
そちらからも注文できます。
どうぞお早めに。

いづれあやめか、かきつばた



6月になったばかりで、毎日こんなに暑いと、
梅雨明けが思いやられますが、
薔薇が終わり、紫陽花やアヤメ、花菖蒲が満開で、
緑も鮮やかないい季節です。
父の庭にはアヤメが満開ですが、





いったいアヤメとカキツバタ、花菖蒲は何処が違うのかと。
調べてみましたが、咲く場所や背丈が違うらしい。
並べて比べてみないとよくわからないけど。
因みにマエダのキルトは花菖蒲です。

追記 先週コメント欄に2回ご質問をくださったSKさま。
メールをお出ししても戻ってきてしまいます。
困ったですねぇ。

calendar
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
profile

メグ

Author:メグ
メグとハワイアンキルトな日々へようこそ!
ハワイアンキルトデザイナーと
グラフィックデザイナーの
二つの仕事をしています。
メグの仕事や日々思うことを綴っています。

showcase
web shop
メグのショップ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: