ハワイアンキルトを中心にまわるメグの日々と仕事の日記

ガス抜き

0318_1

雪に変わるんじゃないかと思われるほどの冷た~い雨の中、
埼スタ参戦してきましたよ。

負けたらマサカのストレス蓄積となるところでしたが、
勝ちましたね~。
ガス抜き成功!
これでまた明日から頑張れるなぁ。

0318_2

鹿狩り返り討ち

1029_1

1029_4


1029_2

1029_3

鹿狩り参戦するも返り討ち。

まぁ、今のリーグ戦の順位を考えれば妥当な結果だけど。

それにしてもハンサム度の順位はいつ逆転したのか?

ヘタッピ!

ベガルタ戦

がっかりです。
3連敗で迎えた昨日の仙台戦。
3ヶ月ぶりにさいスタ参戦したにもかかわらず引き分け。

驚くほどヘタなサッカーを繰り広げるレッズに、口あんぐりです。
クラブワールドカップで3位に輝いたあのチームは
いったいどこにいってしまったんでしょう。

そう言えば犬飼さん(元レッズ社長)が
サッカー協会の会長をやめたため、
ギド(元レッズ監督)が日本代表監督になるという
ささやかな夢も打ち砕かれました。

ならばドゥンガ(ブラジル監督・元ジュビロ磐田キャプテン)を監督にして、
名波と中山(両名とも元ジュビロ)をコーチにするというのは、
いかがなものだろうか。
かなりいいとおもうけどなー。

ありがとう!岡野

本ブログがキルトブログであるということを
皆さんが忘れてしまうのではないかと
最近少し不安になっておりますが、
今日もキルトとは関係ないことを書かせてくださいね。

レッズ1

土曜日、今期最終節となるマリノス戦に
サイスタ参戦してきました。
フロントへの不信、
監督と選手の不仲など
いろいろあった2008年のレッズは、
タイトルを一つもとることができず、
リーグ戦も7位で終わりました。

レッズ2

岡野(背番号30)と内館(背番号19)の引退セレモニーがなかったら、
サイスタは暴動が起こっていたでしょう。
岡野は皆さんご存知でしょうか。
そう、1998仏W杯予選でゴールを決め、
日本代表を初めてW杯出場へと導いたあの“野人”です。
あのゴールの瞬間、
夫と抱き合い、涙を流した日が昨日のように思われます。
私をフランスへ連れて行ってくれたのは岡野なのです。
彼は戦力外通告で他チームへと移籍します。
岡野には本当に感謝しています。
来年対戦チームとしてレッズ戦に出場してきたら、
あらん限りの大声でブーイングしようと思います。

↓ポチッと応援お願いします
http://blog-imgs-21-origin.fc2.com/m/e/g/megshawaiianquilt/banner2.gif

メグのウェブサイト『Meg's Hawaiian Quilt』ぜひご覧くださいね。

Pride of Urawa

ごめんなさい、今日はハワイアンキルトな話題じゃありません。
でもこれが私に元気をくれるモトなので・・・。

reds1

ACL準決勝第2戦vsガンバ大阪、行ってきました!
サイスタ参戦です。
昨年のACL優勝、クラブワールドカップ3位の
ディフェンディングチャンピオンのレッズは
ここ5戦、勝ち無しで低迷を続けてきましたが、
サイスタは53,000人のサポーターで埋め尽くされます。
この日のビジュアルはご覧のとおり。

いつもながらに鳥肌がたちます!(ここはイタリア?!)
前半素晴らしい攻撃で高原の1点で折り返しますが、

reds2

後半3点を返され、サイスタは静まり返りました。
<ゲルトよ、さらば>の横断幕まであがる始末。
選手、監督、フロントにサポーターの不信感がつのるばかりとなりました。
どこへ向かっていくのか?!レッズ!!!
サポーターもしんどいけれど、一番辛いのは選手なんですよね。
負けても弱くても応援していこうっと。

↓ポチッと応援お願いします
http://blog-imgs-21-origin.fc2.com/m/e/g/megshawaiianquilt/banner2.gif

メグのウェブサイト『Meg's Hawaiian Quilt』ぜひご覧くださいね。
calendar
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
profile

メグ

Author:メグ
メグとハワイアンキルトな日々へようこそ!
ハワイアンキルトデザイナーと
グラフィックデザイナーの
二つの仕事をしています。
メグの仕事や日々思うことを綴っています。

showcase
web shop
メグのショップ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: